スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 夏真っ盛り パート2 

この近辺は家庭菜園も盛んな所。

_DSC2749.jpg

_DSC2751.jpg

_DSC2733.jpg

_DSC2755.jpg

_DSC2761.jpg

さらに散策をしていくとお花も沢山咲いています。
花の中に花が? 
_DSC2744.jpg

_DSC2741.jpg

これは桐の木。いつの間にか伐採されていたのね(+o+)
このまま大きくなっていくのかな?
DSC_0011.jpg

_DSC2777.jpg
これはスギの木。もう花粉を蓄えているのか(+_+)

_DSC2785.jpg
こっちは銀杏。大きな実をつけている。

_DSC2775.jpg
これは・・・ダンゴムシの木。(あ、いえ止まっていただけですが)

ハス池まで足を延ばしてみた。

_DSC2723.jpg

_DSC2717.jpg

_DSC2727.jpg
いつ見ても美しい花です。

_DSC2726.jpg
この田園風景もお気に入り。
すくすくお稲が育っている。

緑を見ていると気持ちがいい。
出来る限りお散歩頑張ってみよう!と、
思うのでありました。





スポンサーサイト

 夏真っ盛り パート1 

毎日暑い。。。
梅雨明けから一段と猛暑が続き体力消耗しますね・・・(+_+)
そこで!体力づくりのウォ-キングを始めました。
健康だけが取り柄だったのに先月入院したこともあり
少しでも正しい生活を送ろうかと一大決心

病院の窓辺より
_DSC2660.jpg

_DSC2658.jpg


玉川の里は木陰が多く自然豊か。
_DSC2763.jpg

散策しながら歩いてみると
蟻たちがせっせと桜の木を登っているのを発見。
樹液でもあるのだろうか?
どんな顔なのか目を凝らすが動きが早くてわからない。
もしこれが「ヒアリ」だったとしても判別は無理だわ。
子供はさわらない様にするしかないですね・・・
_DSC2769.jpg

それにしてもセミの大合唱がすごい。
_DSC2784.jpg

抜け殻があちらこちらに。
セミは身近な昆虫だけれど、考えたら生態はよく知らないのに気が付いた。
こんな硬い地面からも這い出てくるんだ(+o+)
DSC_0023.jpg


じゃあ卵はどこに産むの?
幼虫は何食べて育つの?
疑問だらけになり調べてみる事に。

・卵は木の幹に産み付けられ翌年の梅雨頃に孵化するらしい。
 (1年近くもよく干からびない事!)
で、卵の殻を破って出てくるというより卵のまま足が生えて幼虫に変化する感じ。
・一度脱皮をした後、雨で柔らかくなった時に地面に潜る。
(教わる訳でもないのに遺伝子って不思議)
・木の根の樹液を吸って成長し数回の脱皮をおこなう。(地中を移動しているらしい)
・約6年の地下生活を終え、夕方に羽化するため地上に出てくる。(敵に狙われない時間に)

ん?じゃあこの子は間違えた?(しかも地面だし
_DSC2787.jpg
意外と可愛い顔している。
_DSC2794.jpg

成虫はよく1週間程の寿命といわれるが実は1ヶ月は生きるそうだ。
なのでト-タルすると昆虫の中でもセミ は長寿という事に。
へぇぇ~~
知らない事ばかりでチョットびっくり。

ちなみに「アブラゼミ」の名前の由来は鳴き声が
天ぷらを揚げる時の音に似ているからだそう。
ホントかな (^^;

セミが鳴くと暑苦しいとかよく言われるけれど
鳴かなくなったら夏も終わり、また寂しい気分になる。
今歩いているこの地面の下にも来年以降に出てくるであろう
セミが沢山生活しているはず。
しばし不思議なセミの生涯を考え、この地面を踏みしめて
改めて散歩をする事にしょう。

続く。。。




 玉川の桜 パ-ト2 

今年の桜は遅かったけれど一気に満開になりましたね。
散るのも早いだろうと思っていたけれど、
地域の桜達はどこも満開を保ち美しい姿を見せてくれた。
満開の頃は強い風や散らしの雨などでせいぜい一週間という感じだが
今年は10日過ぎてもまだまだ見ごろです

_DSC2355.jpg

_DSC2506.jpg

_DSC2540.jpg


久しぶりに玉川の里をのんびり歩いてみた。
奥まで行くとチュ-リップも満開で桜とコラボ中 

_DSC2527.jpg

_DSC2526.jpg

_DSC2529.jpg

日差しも心地よく、春爛漫を満喫出来るひと時です。

_DSC2391.jpg

_DSC2518.jpg

_DSC2514.jpg

_DSC2497.jpg

鳥たちも盛んに蜜を吸いに来るのだが
うぅ~ん・・・カメラに収めてもよくわからない。
やっぱり300mmの望遠が欲しいなぁ・・・ (+_+)

地上に目を戻すと・・・
何十年ここで生きてきたのか?
木々のたくましさには目を見張るものがある。


_DSC2413.jpg

_DSC2412.jpg

_DSC2499.jpg

先月伐採された切り株から沢山の葉を出し花まで咲かせている木

_DSC2398.jpg

この桜の生命力とあきらめない事に学ばなければいけませんね。


穏やかな午後のひととき
自然に癒され元気をもらい

_DSC2502.jpg

また頑張れます様に 



 桜咲いていました! 

さあ~今年もいよいよお花見シーズンを迎えます。
例年より開花が遅いとの予報でしたが・・・
見つけました

DSC_0975.jpg

しっかりと咲いていますが実はこんな所から 

DSC_0974.jpg

根の辺りにも。

DSC_0976.jpg


聞いたところによると幹などから花をつけるのは
老木との事。何故なのでしょうかね?
確かに玉川の桜達はもう45才位かなぁ。

ソメイヨシノも手入れ次第で100年以上も生きる様ですが
街中の桜達それぞれの手入れは無理なのが現状でしょう。

春を風を感じるようになった頃
玉川の里の桜が何本も伐採されました。
寂しいが致し方ないのでしょうね・・・・・

DSC_0978.jpg

それでも残っている木の枝先はつぼみがぷっくらして
ピンク色になってきた。暖かい日が続けば一気に咲く気配です。

DSC_0981.jpg



そしてこの時期はお待ちかねの土筆のシーズンでもあります!!!
雨の後はニョキニョキ伸びているだろうと思うと気になり、
いそいそと収穫へ!
でも去年の様に大量に採るのは後悔するので
やめよう~と (^^;

DSC_0231.jpg

DSC_0984.jpg

しばらくは季節の味を皆様にお届けできそうです。
お花見の際はぜひ亜月にもお寄り下さいませ。 
玉里の桜たちも待っています!

Screenshot_2014-05-30-12-10-35.jpg









 亜月 気ままな写真館 

新年を迎えてからアッという間に2月を迎えようとしています。
1・2・3月⇒『行く・逃げる・去る』を実感…。
でも、何かしなくては!と
まず写真の整理からと思い立ちました。
 
昨年、ニコンミラ-レスJ5を購入。
性能はいまだよく分からないのですが
超初心者でも扱いやすくちょっとレトロなボディと
カバ-がお気に入り♪
DSC_0919.jpg

カメラを持って出かけると
とりあえず何でも撮ってみたくなる。
(フィルムだとそうはいきませんが(笑))
 
_DSC0722.jpg

_DSC0717.jpg

DSC_0452.jpg

_DSC0754.jpg

_DSC0686.jpg

自分がチビのせいか、足元や大きなものを見上げるアングルが好きかも!

_DSC1581.jpg

_DSC1623.jpg

_DSC1609.jpg

_DSC1579.jpg

_DSC1519.jpg

_DSC0768.jpg

_DSC1139.jpg

_DSC0719.jpg

_DSC0702.jpg

_DSC0695.jpg

ほぼオートモードでの撮影だけれど調整を覚えたら
違う世界が広がるのだろうか?

Aパパカメラマンがいつも300の望遠が欲しいと
熱望していたが、なるほど・・・
カメラを持ってその意味が分かってきました。

今年の『亜月桜フォトコンテスト』が
より楽しみです!

その後に続く・・・



DSC_0868.jpg



(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

sakuranoaduki

Author:sakuranoaduki
皆さんは好きな花って有りますか?
私は〝桜〟 春を待ちわびて咲き誇り人生の節目ごとにそっと見守ってくれる花。そんな桜に囲まれたら勇気を貰えるだろうとお客様にも応援して頂き店内に写真を沢山飾っています。

誰の心の中にも「あの日の桜」ってありますよね。チョットほっこりしたくなったら亜月でお花見してみませんか♪

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。